Mami

記事一覧(10)

2018年のまとめと2019年の見通し

ごきげんよう、一般社団法人THINKERS NEO理事の渡辺麻実です。2018年、「学校を超えて学び合える10代のためのSNS」THINKERSの運営主体は、株式会社THINKERSから一般社団法人THINKERS NEOに変わりました。新生THINKERSは、新しいシステムをユーザー有志が自分たち自身の手で協力し合ってつくる「DIYプロジェクト」のクラウドファンディングに挑戦し、おかげさまで目標金額を達成することができました。今、2019年3月のβ版公開を目指す「DIYプロジェクト」は佳境に入っています。どうぞ、公開を楽しみにお待ちください!思えば、資金不足により閉鎖されかけていたTHINKERSを買い取ったのは、「ウチの子のような変わった子どもの居場所がなくなってしまう」「個性の強さゆえに近くに『隣人』をもてないことの多い彼らが、お互いにつながることのできる数少ない場所を、この世からなくしてはならない」という危機感からでした。その危機感を、少数ながらもきちんと理解し、受け止めてくれる仲間と分かち合えたこと、それが2018年の何よりの収穫だったと感じています。個人的な実感に過ぎませんが、私が言ったり書いたりした内容は、そのときは受け入れられなくても、だいたい3年経つと、世の中のあちらこちらから聞こえてくるようになります。今回もそうだろうと私は楽観的に考えて、THINKERSの価値が広く理解されるときを、のんびりと待っています。つまり、2019年は、粛々と準備を進めつつ、のんびり「とき」を待つ1年になるでしょう。尖った意欲や発想、才能をもつ若者たちには、往々にしてデコボコがあります。そんな彼らを育む場として必要なのは、ガツガツとした弱肉強食の世界ではなく、穏やかに包み込むようなセーフティネット――失敗や試行錯誤が許される、匿名の居場所――なのではないでしょうか。大きく変わりつつある世界の中で、尖った意欲や発想、才能によって日本の衰退を食い止めてくれそうな若者たちを一緒に応援しませんか?日本の未来を担うであろう若者たちを穏やかに包み込むセーフティネットTHINKERSの応援を、今年もどうぞよろしくお願いします!

DIYプロジェクトへの参加手順

GitHubの米国本社との協議が終わりましたので、改めて、THINKERSの新しいシステムをユーザー有志が協力し合ってつくる「DIYプロジェクト」への参加手順をお知らせします。まずソースコード管理サービスのGitHubhttps://github.com/joinでアカウントを作成してください(無料)。その際、未成年の方は口頭でけっこうですので、保護者の方の同意を得てください。→ユーザーネームを info@thinkers.jp へ知らせてください。SlackやTwitterのDMやFacebookのメッセージでもかまいません。→thinkers-jpのレポジトリーへ招待されますので、承認してください。そうすると「DIYプロジェクト」のソースコードが見られます。レポジトリーのソースコードは、これまでに何らしかの学習経験があれば、自由に触ることができるかと思います。基本的にはコードはすべて、ディレクションを行うコードレビューアーと呼ばれる役割の人がコードレビューをしてからmasterブランチと呼ばれる中枢コードに交わるように管理します。詳細なコミットの方法やルールについては、GithubのTHINKERS管理レポジトリー内に保管されていますので自由に読むことができます。【参考記事】レビューが加速させるチーム開発 第3回 「プルリクエストを使ったコードレビュー」でより良いコードを目指す(マイナビニュース)作業でわからないことがあれば、大人のメンター(有名私立高校の情報科講師・宅原愛子氏)に聞くことができます。初心者は、希望すればハックジャパンのWebエンジニアリング教室で学びながら参加することが可能です。疑問点がありましたら、気軽に聞いてください。それではご参加お待ちしてます!

THINKERSの歩き方

1 みなさんがいるのは、Slackというwebサービスの中の、thinkers01というワークスペース https://thinkers01.slack.com/ です。thinkers01に参加した人はいったん、thinkers01のすべてのチャンネルに参加する仕様になっています。つまり、デフォルトでは、#general_運営(運営からのお知らせと運営への問い合わせ用)#random_雑談 (他のチャンネルにあてはまらない内容の投稿用)#自己紹介(ユーザーの自己紹介用)#人文社会系(人文社会系の投稿用)#自然科学系(自然科学系の投稿用)#アートカルチャー系(アート・カルチャー系の投稿用)#テクノロジー系(テクノロジー系の投稿用)#外国語(外国語での投稿用)に参加しています(参加できていない最初期のユーザーにはコミュニティ・アドバイザーからDMで参加のしかたを伝えています)。そのまましばらく各チャンネルの様子を見ていただいてもいいですし、興味関心がないことがはっきりしていたら、そのチャンネルをミュートしていただいてもかまいません。2 興味関心のあるチャンネルで、投稿してみましょう。内容は、そのチャンネルに関係することだったら、なんでもOKです。自己紹介チャンネルで自己紹介するのもオススメです。投稿は、「(チャンネル名)へのメッセージ」欄に記入して、送信します。3 次に、他のユーザーのメッセージに返信してみましょう。返信のしかたは2通りあります。(1)2と同様、「(チャンネル名)へのメッセージ」欄に記入して、送信する(2)返信したいメッセージをタップし、下のほうに出る「スレッドを開始する」をタップして返信するか、既にあるスレッドの中で返信します。(2)のスレッド は、そのメッセージを掘り下げたいときに使います。当事者以外のユーザーには、見ようとしなければスレッドが見えないので、「本題から外れてるかなあ」とか「こんな疑問を抱くのは自分だけかなあ」といったことが気になるときも、スレッドが適しています。4 ダイレクトメッセージ (DM) 機能もありますが、他のユーザーに対して送るのは、お互いのことをよく知ってからにしましょう。なお、ユーザーサポートのため、コミュニティ・アドバイザーはDMを使用します。ご了承ください。